アイポッドの使い方、選び方Top >  アイポッド >  アイポッドのシリーズとスペックの違い

アイポッドのシリーズとスペックの違い

アイポッドは現在3種類発売されていて、それぞれスペックや大きさ、などが違います。
おおまかなスペックの違いは、ハードディスク内臓タイプの元祖アイポッド、フラッシュメモリを使いipod miniよりも更に小型化されたアイポッドナノ、液晶画面をなくしシャッフル再生に特化したアイポッドシャッフルです。
ちなみにipod miniはアイポッドナノの販売に伴い、姿を消しました。

最も容量の大きい元祖アイポッドは、30Gで定価が29,800円、80Gで42,800円となっています。
今では、動画も見れるタイプ、かなり進化しましたね。

アイポッドナノは、一番使いやすい小型タイプ、わたしも使っています。2Gで17,800円、4Gが23,800円、8Gが29,800円です。
お手軽タイプで、一番普及しているのはこれではないでしょうか?

アイポッドシャッフルについては、機能限定型、服やバックなどに簡単に取り付けられ、邪魔にならないサイズであることと、値段が9,800円であるということで、手軽に音楽を携帯して楽しむことができるタイプとなっています。ただ、シャッフル機能メインで聞きたい音楽を選びづらいことが難点ですね。

関連エントリー

アイポッドの使い方、選び方Top >  アイポッド >  アイポッドのシリーズとスペックの違い